FC2ブログ

とうふ工房・大谷口の家

手作りとうふの店 NPO法人はらから東京の会 とうふ工房・大谷口の家  板橋区大谷口1丁目 東京メトロ千川駅から徒歩7分  東武東上線大山駅から徒歩10分 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨ではじまった3月

 2月の大雪では、今までに見たことのない光景が板橋でも広がっていました。
 雪が積もっているところでは、外に出ることもままならない状況の方もまだまだ大勢いらっしゃると思いますが、お見舞いを申し上げます。
 
 
 とうふ工房も2週に続けて、大雪だったので、利用者さんにはお休みをしてもらう日もありました。
 雪かきをしても、しばらくすると何事もなかったかのように真っ白な雪景色になっていたり・・・。
 雪対策を事前にしていなかったので、最初の大雪の日、どんどん雪が積もっていくのを見ながら、「これはまずい・・・」と。いつも車を見てもらっている高木モータースさんに電話をしたら、お休みなのにチェーンをつけて下さると(>_<)
 その時点でも道路には結構雪が積もっていたので、慎重に慎重に車を運転し、チェーンをつけてもらいました。
 おかげで、積もりきる前に、配達はなんとか終えることができました。
 高木さんには、本当にお世話になりました!

 そして、一番は、宮城からの荷物が届くか・・・ということ。
 もしかしたら着くかな・・・と淡い期待を持っていましたが、1日目は大丈夫でしたが、2日目からは来ませんでした。
 2回目の時は、土曜日に宮城の製造元を出発したはずの荷物が火曜日に到着!
 どこにいたのか・・・プチ旅行だね!と。
 
 コンビニなどにも食べ物が無くなっているというニュースが流れていましたが、物流が止まるということは、私たちの生活に密接に関連しているのだなと改めて実感しました。
 雪国では、玄関も雪で埋まってしまって、2階の窓から出入りをするなどと聞いたこともありますが、私の家も、少しその危険性を感じました。
 家に帰って、ドアを開けようとしたら、開かない。あれ??と思って、力を何度かいれて開けようとしたら、雪がドアの下の部分に積もっていて・・・。
 翌日の朝も出ようとしたら、開かない(>_<) 少し、怖さがわかりました。

 雪の日
 大雪の日、家に帰ったら、自転車がこんなになっていました。
 はじめて見る積もり具合。

 今日も、板橋は雨で寒いです。
 でも、確実に春は近づいています
梅
 工房の玄関先に植わっている梅の木です。
 つぼみがだんだん大きくなっています。

 3月11日の東日本大震災が起こって3年目の日がもうすぐです。
 まだまだ仮設住宅で暮らしている方も多いです。
 穏やかに暮らすことができていない人も多いと思います。
 「復興」できる日が早くくることを願いながら・・・





とうふ工房大谷口の家のメールアドレスは・・・
harakara.tky@ktj.biglobe.ne.jp
ご注文等ございましたら、ぜひメールを送って下さい!
題名に「注文」と二文字を追加していただけるとありがたいです!
(迷惑メールがとても多いので、見分けるためです!)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harakara102koubou.blog94.fc2.com/tb.php/269-9d716770
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。