とうふ工房・大谷口の家

手作りとうふの店 NPO法人はらから東京の会 とうふ工房・大谷口の家  板橋区大谷口1丁目 東京メトロ千川駅から徒歩7分  東武東上線大山駅から徒歩10分 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東日本大震災から2年がたちました

2011年3月11日
2年前の今日、起こったこと、そして、その後に起こったこと。
忘れることのできない、忘れてはいけない東日本大震災。
亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

まだ30数万人の方々が元の生活に戻ることができず、避難生活を送られているというニュースを見ましたが、少しでも早く、穏やかな生活が戻られることを願っております。

2年前のこの日、今までに感じたことのないものすごい揺れを体験しましたが、テレビなどほとんど見ていなかったので、東北から関東の太平洋沿岸がどのような状況になっているのか知りませんでした。
私は、車で何人かを各自宅まで送り、また池袋で働いていた友達を迎えに行くなどしている中で、車や人の渋滞を見て、ただことではないと・・・。そして、夜中に家にたどり着いてテレビをつけて見た映像が忘れられません。
この先、どうなるのかと心配をしていました。
地震・津波・・・そして、原発事故。
豆腐工房は、休むことはせず、営業していたのですが、自分が何をしていたか、覚えていないくらい気持ちがパニックしていました。

幸い、宮城はらからも、早い段階で活動を再開できました。
それは、地元の人たちへ食べ物を提供しながらの営業再開でした。
私たちが考えていた以上に早い再開でした。
はらから職員をはじめ、関係者のご苦労には頭が下がる思いです。

また、宮城はらからが、津波で流された缶詰の洗浄を請け負った関係で、ラベルの無い、中身も何の缶詰かわからない缶詰を、別の会社の味噌とセットで販売する(希望の缶詰)など、宮城はらからを通して、被災地で作られた商品の販売を続けてきました。
少しでも被災地の復興に役立ちたいと。
他にも、福島の作業所や岩手で作られたクッキーや漬物など、今でも販売しております。

現地で作られたものを、販売していくことで、現地の活性化につながっていく!と思っております。

今日も、私たちは、粛々と宮城のお豆腐、そして東北関連商品の販売しました。
明日からは、小豆沢の家では、「東日本大震災復興支援センター」として、多くはありませんが、去年の夏に工房のみんなで行って、見て聞いてきた宮城・福島のことをパネル展示するなど予定しております。

これからも、続けていきます。
私たちにできることを。
そして、おいしくて、安全・安心して食べられる商品を販売していきます。


昨日は、大谷口地域の防災訓練があり、工房から2名参加してもらいました。
AEDの使い方の説明や、担架を作って人を運ぶなど、いろいろ体験してきたそうです。
いろいろな面で障害があるメンバーと一緒に仕事していますが、私たちの防災訓練も定期的におこなっていかないとなと、今日のミーティングで話し合いました。
東日本大震災でも数字ではっきり出ていますが、特に障害のある方の緊急時の対応は、家族だけではなく、職員だけでもなく、地域の方とも連携を取りながら、支えていくことが大事だと思います。
新年度を前に、気持ちを引き締めた3月11日でした。



スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。